ワインを飲もう

2009年05月21日

ワインの大敵とは?

ワインをいただくのであれば、よい状態でおいしく飲みたいものですよね。
同じワインでも保存状態などで味や香りが変わってくるほどデリケートなので、ここではワインの大敵についていくつかお話したいと思います。

まず高温は苦手です。
ワインの保存に最適な温度は10?14度くらいで、温度が高いと熟成が早まり変質しやすくなってしまいます。
また、瓶の中でも熟成を続けているワインは温度が低いと逆に熟成が止まってしまうのです。
そして温度はできるだけ一定にしておくと、よい状態で保存できます。
次に乾燥も苦手です。
保存している場所の湿度が低いとコルクが乾燥し、微生物が侵入しやすくなってしまいます。
またコルクが乾燥していると、飲むときに抜きにくいですよね。
ワインを横に寝かせて保存しておくのも、コルクを湿らせて膨張させ、有害な微生物の侵入を防ぐ目的もあるのです。
ワインに適した湿度は70パーセントくらいと言われます。

このほか、ワインの保存で気をつけたいのがにおい、振動、光です。
においについては、異臭があるとワインに移り、せっかくのワインの独特の香りを失ってしまうことになります。
またボトルに振動を加えると熟成が早く進みすぎてしまうので、ワインが劣化してしまいます。
振動のほか、蛍光灯や日光などの光もワインを劣化させます。
ワインボトルには遮光性のあるものが使われていますが、できるだけ気をつけたいところです。

これらワインの大敵を考えると、より良質なワインを買い求めるときは、ワインの保存状態に気を使っているお店で選びたいですね。
ワインの好む場所は適度な湿度があり光の侵入や温度変化が少ない所です。
ただ気軽に飲むテーブルワインなどは、どのようなお店で購入してもそう問題はありませんし、商品の回転が早ければ例えワインを立てて陳列してあっても心配はいりません。



タグ:ワイン
posted by ワインくん at 23:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初に飲むならどんなワイン?

テレビ番組でワイン特集をやっていたり、身近な人からワインの話を聞いたり、とワインの世界に興味を持つきっかけはいろいろです。
あるいは海外旅行のお土産にいただいたワインを開けてみたら、意外にもおいしくてワインにはまってしまった、という人もいると思います。
さて、そんなワインの世界に足を踏み入れたばかりの人が、いざ自分で飲むためのワインを選ぼうとするとき、あまりに種類が多くて何を選んだらよいのか悩んでしまうことでしょう。

まったくワインを口にしたことのない人であれば、飲みやすいドイツワイン、カリフォルニア、オーストラリアのリースリングなどがおすすめです。
ほんのり甘く、すっきりとした味わいなので、お酒の弱い人にも飲みやすく、ワイン初心者の人にもぴったりだと思います。
お酒は好きだしワインもたまには飲むけれど、よく分からない・・・という人なら、白ワインならシャルドネ、赤ワインならカベルネ・ソーヴィニヨンを、また産地で言えばフランス・ボルドー産とブルゴーニュ産のワインを試してみてはいかがでしょう。
これらはワインのおいしさというべき特徴がストレートに味わえ、原料となるぶどうの品種の違いもわかりやすいでしょう。

あともうひとつ。
ワインを選ぶ際に大切な条件としては、自分の予算内で選ぶということです。
ワインの値段はピンキリなので、ある程度の予算を決めて選ぶと言うことも、案外大切なことなのです。

またお店の人に相談するのも手です。
「すっきりした飲み口のもの」「コクのあるもの」「ほんのり甘いもの」「かなり甘口のもの」と味の好みを伝えたり、こんな料理に合わせたいという目的を伝えたりして、相談しながら選んでいくとよいでしょう。

タグ:ワイン
posted by ワインくん at 23:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

ワインの値がつり上がるわけ

ワインには、私たちが気軽に手に取ることができる1本数百円のものから、なんと数十万円もするものまでピンキリです。
これほどにまで値段の差が出るのがワインの特徴のひとつでもあるのですが、ではどうしてそのような差が出てくるのでしょうかexclamation&question

第一の理由として、良質のワインには手間がかけられるということがありますte03.gif
ぶどうを育てるにしてもワインを醸造するにしても、丁寧に人の手がかけられているものが高くなるのは当然と言えば当然なのです。
第二に、そのようなワインは一度にたくさん造ることができません。
量産ができないため市場に出回る本数自体が少なく、希少性によって値段が高くなります。
さらに有力な鑑定家が高い評価をしたワインともなれば、人気が上がり、それを求める人も増え値段がどんどんつり上がっていく、というわけなのです。snp1011-s_R_R.jpg

一般的には、値段が高いワインの方が、質が良いと言えます。
しかし値段がそのままワインの味に比例するかと言えば、一概にそうとも言えません。
先にもお話しました鑑定家が高い評価をしたワインなどは人気殺到から値段が高騰することもありますし、伝説的なワイン(ロマネ・コンティなど)になると投機目的で購入する人も現われ、驚くような価格で取り引きされることもあるのです。
このように、値段をつける要因は様々ですので、一概に味=値段とは言えないのです。
手頃な値段のワインにもおいしいものはいろいろあります。
種類も価格も幅広いワインの中から、自分がおいしいと思えるワインを探し出すのもまた楽しみのひとつです。



タグ:ワイン
posted by ワインくん at 01:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。