ワインを飲もう

2009年08月21日

ワインを開ける道具

ワインを開けるときに、気をつけてスクリューを回しているつもりでもまっすぐに入っていかなかったり、引き抜くときにコルクが割れたりして上手く開けられなかった経験のある人はいませんか?
私はコルクをボロボロにしてボトルの中のワインに混ざってしまった経験があります。
そのため、ワインに慣れないころはねじるタイプの金属キャップのワインだとホッとしたものです。

このように、慣れていないとワインを開ける時点での苦労も多いのですが、オープナーをきちんと選べば、コルク栓のワインでも手こずることはそんなにありません。
ワインを開けるオープナーには、手頃なコルクスクリューからソムリエナイフまでいろいろなタイプがあります。
一般的によく使われているT字型のコルクスクリューは、酒屋さんで、おまけでくれることもあり買っても安いのですが、慣れないと難しく失敗も多いです。
また抜くときに力が入るので、ボトルが不安定に揺れてワインがこぼれやすいのも難点です。
もしスクリューが斜めに刺さってしまい、引き抜く途中でコルクが割れる、なんてことが起きてしまったら、ボトル内に突き落としてから念入りにデカンタージュします。
コルクがちぎれてボロボロになってワインに入ってしまった場合は、コーヒーフィルターなどで漉すしかないでしょう。

ワイン初心者が抜栓するのにおすすめなのが、スクリュープルというタイプのオープナーです。
これは上部のねじを回していくと、コルクに入ったスクリューが今度は栓を押し上げて自然にコルクが抜けるという仕組みになっています。
このタイプはほとんど失敗なく開けられるのですが、価格が少々高いことと、コルクのくずが少しボトル内に落ちることもあるのが難点です。

ワインを開ける段階から雰囲気を楽しむにはソムリエナイフが一番だと思いますが、素人には上手く扱えません。
まず、ボトルの口元のくびれにナイフを当て、ぐるりと回してキャップシールを切り取ります。
次にスクリューを取り出してコルクに真っ直ぐ(これがなかなか難しい!)回し入れます。
左手を使ってソムリエナイフの頭の部分をボトルの縁に当て、右手でテコの握り部分を引き上げます。
コルクがあと1cmくらいのところまで引きあがったら、テコを外してあとは手で静かに抜きます。

どのオープナーにしても、これからワインを楽しむ人は長い間使っていくものなので、多少値が張っても丈夫なものを選んだ方がよいでしょう。



ラベル:ワイン 
posted by ワインくん at 03:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。