デカンタージュ ワインを飲もう

2009年06月02日

デカンタージュ


デカンタージュという言葉をご存知ですか?
これは、ワインを別の容器(デキャンタと呼びます))に移し替える作業のことを言います。
デカンタージュをする目的は大きく2つに分けられます。
一つ目は、まだ若くてタンニンの渋みがあるワインを空気に触れさせてまろやかにするため。
もう一つは長期熟成タイプのワインの底に溜まった澱(おり)を取り除くためです。
澱はワイン中のタンニンなどの成分が結晶化したもので、もちろん製造過程でもできますが、ボトルに詰められてからも少しずつ現われてきます。
澱が出てくるのは成分がぎっしりつまった証拠でもあり、高級な赤ワインによく見られます。
ワインの成分である澱は飲めないわけではありませんが、苦味があるのでワインの風味を損ねてしまいます。
そのため底に沈んだ澱を残して上澄みのワインをデキャンタに移すのです。

レストランでは年代物の(長期熟成された)ワインを頼むとソムリエがデカンタージュしてくれます。
ワインは籠の中に斜めに寝かされた状態で運ばれてくることもありますが、これは、長い間横にして置かれていたワインは澱がボトルの側面に添って沈殿しているので、急にボトルを立てて澱をワインの中に舞い上がらせてしまわないようにするためです。
ソムリエがデカンタージュするとき、ボトルの下にろうそくの火を灯しますが、ボトルの肩辺りを透かして澱が入り込まないように見やすくするためです。
また、ろうそくのゆらゆらと揺れる炎でムードもアップすることでしょう。

家庭でデカンタージュしたいと思ったら、ワインを開ける数日前からボトルを立てて置いておきましょう。
澱が底に沈み切ってしまえば、デカンタージュしなくても飲むことができます。
しかし、一手間かけて遮光性のあるワインボトルから透明なデキャンタに移すと、中でキラキラ輝くワインの色も一緒に楽しむことができますね。

posted by ワインくん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。